有限会社夢木房

東広島市で住まいのリフォームなら

油田秀雄物語

リフォーム 東広島市 夢木房 > 油田秀雄物語 > 【代表 油田秀雄物語 01】生まれてから小学生になるまで

【代表 油田秀雄物語 01】生まれてから小学生になるまで

私の父は後方右から2人目
私の父は後方右から2人目

私は1961年7月25日に広島市西区南観音で生まれました。
3才年上に姉がいます。

当時の国鉄(現在JR)職員(運転手)をしていた父が、
まだ運転手の見習いだった頃、指導機関士で尊敬していた、
岡本秀雄さんの名前を私に付けてくれたそうです。

父方の家族は、横川で大衆食堂を営んでいたそうです。
母方の家族は、祖父が墓石屋をしていました。
ご先祖さまの墓やお宮の石の鳥居などを手掛けていました。
私は父母よりも、祖父母の商売の血が流れているのかもしれません。

私には父方のじいちゃん、ばあちゃんの記憶はありませんが、母方のじいちゃんばあちゃんっ子でした。

「豊栄のじいちゃんちに泊まりに行くーっ」と休みになれば行っていました。

母親も察したのでしょうか、小学校6年生になって、
賀茂郡八本松町(現在 東広島市八本松飯田)に引っ越しをしたのです。

姉と私(2歳前後)
姉と私(2歳前後)

当時私達の家族以外に居候が居ました。母の弟です。

当時自動車整備士として働いていた
叔父(わたしたちはおにいちゃんと呼んでいました)が
よく私に、正月に上げる凧や竹ひごで作る飛行機、
プラモデルなどを作ってくれていました。

その影響でしょうね!私も作ることの楽しさを知り、
ダンボールで冑や鎧・お城、プラモデルでジオラマ、バルサ材でグライダーなどいろいろ作りました。 

ページの先頭へ戻る
お問い合わせ、ご相談はお気軽にお寄せください。
  • 無料お見積もり
  • 無料プレゼント